« 起業はお金をかけずにはじめよう | トップページ | 女性の起業が成功するための資質ーその1―続き »

2010年1月 3日 (日)

女性の起業が成功するための資質-その1

 女性の起業が成功するための資質のうち最も重要なものは成功するまでは絶対にあきらめないという強い意志をもつことと、失敗したら直ちに修正するための実行力をもつことです。

 例えば飲食業をとりあげてみると、日本で最も開業数が多いと同時に廃業数が多いのも飲食業なのです。飲食業なら自分でも成功させられると思い勝ちなのかもしれません。でも町を歩いていると以外に旧態依然のお店が多いのです。古びたままのディスプレイやなんとなく清潔感のないお店であったりします。即席でも味の良い食品がスーパーや通販、さらにはデパ地下で簡単に手に入ることを考えたら、そういうお店ではとても勝ち目はありません。

  さて、ジャスダックに上場している「テンポスバスターズ」という会社があります。この会社は飲食店の支援も行っているのですが、社長の森下篤氏が述べた言葉に「起業以来失敗と修正の繰り返しだった。現在もその連続だ。しかしそれらを経て現在がある」が今でも強く印象に残っています。ちなみにこの会社は今期大幅増益です。

|

« 起業はお金をかけずにはじめよう | トップページ | 女性の起業が成功するための資質ーその1―続き »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

(株)和み…最悪のワンマン経営(女社長)
東京都中央区日本橋堀留町1-10-19第一川端ビル6階 電話03-3667-5618
ベンチャーで人使いが最悪。
元々、旦那と起こした会社で定年退職した旦那の父親(今は引退)を役員に迎えたり、
自分の友達やその友達の紹介などで人を集め固めた同族会社の為、新しく入った人で続いてるのはゴマスリの上手い人のみ。
女社長だから女性に優しいとか言ってる割に福利厚生0!!バイトからも不満多し
社員もバイトとも離職率高、
ボーナス・退職金無しのブラック企業
市村洋文の息子(24歳)がパトロンです。
1億6千万円資金援助してもらってます。
作山若子(42歳)は愛人。
市村洋文さんは銀座にあるファーストヴィレッジ(株)の社長で元野村証券にお勤めしていた人です。
「昼メシは座って食べるな!」サンマーク出版。
息子は24歳。5年前に作山と知り合ってます。
19歳のときです。バツイチで子供と親と同居
している作山にとっては、お金を援助してもらい。自分の性欲も解消できる市村の息子との
愛人関係は好都合だと思います、毎週、市村のマンションに通ってます。

投稿: 大山耕二 | 2011年12月14日 (水) 01時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1277531/32838583

この記事へのトラックバック一覧です: 女性の起業が成功するための資質-その1:

« 起業はお金をかけずにはじめよう | トップページ | 女性の起業が成功するための資質ーその1―続き »